野球 - nikkansports.com

    阪神近本ピンチ救った!大飛球好捕&3安打で貢献

    阪神近本ピンチ救った!大飛球好捕&3安打で貢献


    阪神近本が連日のビッグプレーでピンチを救った。...

    阪神近本が連日のビッグプレーでピンチを救った。 6回2死一、二塁で村上の左中間への大飛球を全力で背走し、フェンス前で腕を伸ばしてつかんだ。抜ければ2失点。一塁ベンチから最も遠い左中間最深部から駆け足で帰ってくると、手荒い祝福が待っていた…
    栗山監督、杉谷の両打席本塁打は「見てなかった」

    栗山監督、杉谷の両打席本塁打は「見てなかった」


    ...

    “スギノール”が大暴れだ。日本ハム杉谷拳士内野手(28)が5回に右打席で今季1号ソロ。6回には左打席から2打席連続の2号2ランを放った。プロ11年目で初めての1試合2発。球団では07年6月にセギノールが記録して以来の左右両打席本塁打を決…
    阪神高橋遥人「強気で」山田&バレから三振奪い自信

    阪神高橋遥人「強気で」山田&バレから三振奪い自信


    ...

    2年目左腕が勝利を呼び込んだ。今季2度目の先発となった阪神高橋遥人投手(23)が、6回を4安打無失点。1軍の先発では自己最多タイとなる7つの三振を奪う力投でヤクルト打線をねじ伏せた。 ハイライトは6回だ。2安打に抑えていたツバメ打線に1…
    ポリバレント・クローザー巨人中川「今の立場守る」

    ポリバレント・クローザー巨人中川「今の立場守る」


    球界初の「ポリバレント・クローザー」が試合を締めた。...

    球界初の「ポリバレント・クローザー」が試合を締めた。 巨人中川皓太投手(25)が3点リードの9回から登板。2死一、三塁のピンチも冷静に後続を断ち、無失点で今季2セーブ目を挙げた。「ランナーを出しても、0点で終われたのは良かった」と淡々。…
    駒大が最下位で入れ替え戦へ「準備します」大倉監督

    駒大が最下位で入れ替え戦へ「準備します」大倉監督


    駒大は9回の追い上げも及ばず連敗。勝ち点0の最下位で終えた。...

    駒大は9回の追い上げも及ばず連敗。勝ち点0の最下位で終えた。 連敗は、立正大戦だけだった。それ以外の大学からは1勝ずつ挙げたが、2勝目が遠く、勝ち点を奪えなかった。大倉孝一監督(56)は「細かいところ。全部、ミスが絡んでいる。どうなくす…
    原監督、巨体岡本の激走に「もう少し軽やかに」

    原監督、巨体岡本の激走に「もう少し軽やかに」


    ...

    巨人が4回に7安打で6点を奪い、集中打で打ち勝った。1イニング6点以上は今季4試合目で12球団最多。無死から岡本が遊撃内野安打で出塁すると、原監督は亀井に犠打のサインを出した。2度のファウルで追い込まれ、ヒッティングに切り替えると、亀井…
    V打の阪神糸原、応援のありがたみ知った社会人時代

    V打の阪神糸原、応援のありがたみ知った社会人時代


    ...

    キャプテン決めた! 矢野阪神が今季4度目のサヨナラ勝ちで3連勝を飾った。手に汗握る0-0で迎えた9回1死満塁。糸原健斗内野手(26)が右翼に快音を響かせた。今季2度目の途中出場だったが、主将がここ一番で大仕事。甲子園でコイに3連敗した借…
    東洋大・村上V 上茶谷、甲斐野、梅津の影から成長

    東洋大・村上V 上茶谷、甲斐野、梅津の影から成長


    ...

    東洋大が完全優勝で令和初代チャンピオンに輝いた。同点の延長11回1死一、三塁、小川翔平遊撃手(3年=霞ケ浦)がサヨナラ犠飛を放った。第1試合で国学院大が負けた時点で優勝は決まっていたが、亜大に連勝。勝ち点5とし、2季ぶり20回目の優勝に…
    巨人桜井プロ初勝利に笑顔「ちょっと緊張した」

    巨人桜井プロ初勝利に笑顔「ちょっと緊張した」


    巨人4年目の桜井俊貴投手が、念願のプロ初勝利を挙げた。3点リードの5回1死から登板し、1回2/3を1失点に抑えた。...

    巨人4年目の桜井俊貴投手が、念願のプロ初勝利を挙げた。3点リードの5回1死から登板し、1回2/3を1失点に抑えた。 ウイニングボールを手にお立ち台に上がり「こんな形で勝てると思ってなかったけど、うれしいです。試合が終わるまではちょっと緊…
    日本ハム王柏融が4戦ぶり適時打「食らいついて」

    日本ハム王柏融が4戦ぶり適時打「食らいついて」


    ...

    日本ハム王柏融が4試合ぶりの適時打を放った。5回2死二塁で中前適時打。「前の打者がいい流れを作ってくれ、それに続くことができて良かったです」と、1号ソロの杉谷、二塁打でチャンスメークした近藤に感謝。 「さらに追加点がほしい場面だったので…
    矢野監督「しぶとさは健斗のいいところ」一問一答

    矢野監督「しぶとさは健斗のいいところ」一問一答


    阪神矢野燿大監督が攻めの継投で3試合連続となる1点差ゲームを制した。 矢野監督の一問一答は以下の通り。 -今季4度目のサヨナラ勝ち...

    阪神矢野燿大監督が攻めの継投で3試合連続となる1点差ゲームを制した。 矢野監督の一問一答は以下の通り。 -今季4度目のサヨナラ勝ち 矢野監督 本当は楽に勝ちたいですけど。サヨナラ勝ちは、気持ちとしては楽しいですね。 -最後は糸原が決めた…
    ヤクルト泥沼8連敗、小川監督「ホームが遠かった」

    ヤクルト泥沼8連敗、小川監督「ホームが遠かった」


    ヤクルトは今季6度目の無得点でサヨナラ負け。昨年7月11日以来となる8連敗を喫した。...

    ヤクルトは今季6度目の無得点でサヨナラ負け。昨年7月11日以来となる8連敗を喫した。 打線のテコ入れも実らなかった。前日の時点で51四球、出塁率4割6分4厘ともにリーグトップだった山田哲を、昨年6月以来となる1番に起用。坂口、青木と上位…
    阪神4度目サヨナラ、1点差での最大連勝は5試合

    阪神4度目サヨナラ、1点差での最大連勝は5試合


    ▼阪神が今季4度目のサヨナラ勝ちでヤクルトに3連勝。この3連戦は初戦3-2、2戦目3-2、3戦目1-0とすべて1点差。...

    ▼阪神が今季4度目のサヨナラ勝ちでヤクルトに3連勝。この3連戦は初戦3-2、2戦目3-2、3戦目1-0とすべて1点差。 阪神が1点差で3連勝するのは、14年9月26日広島に4-3、27日ヤクルトに2-1、29日DeNAに1-0で勝って以…
    日本ハム杉谷「スギノール」左右連発も無視された?

    日本ハム杉谷「スギノール」左右連発も無視された?


    ...

    “スギノール”が大暴れだ。日本ハム杉谷拳士内野手(28)が5回に右打席で今季1号ソロ。6回には左打席から2打席連続の2号2ランを放った。プロ11年目で初めての1試合2発。球団では07年6月にセギノールが記録して以来の左右両打席本塁打を決…
    DeNA伊藤光、課題感じさせるリード/谷繁元信

    DeNA伊藤光、課題感じさせるリード/谷繁元信


    日刊スポーツ評論家の谷繁元信氏(48)が巨人-DeNA戦をチェック。DeNAの正捕手をつかみつつある伊藤光のリードに着目した。    ◇   ◇   ◇...

    日刊スポーツ評論家の谷繁元信氏(48)が巨人-DeNA戦をチェック。DeNAの正捕手をつかみつつある伊藤光のリードに着目した。    ◇   ◇   ◇ 今季のセ・リーグは正捕手が固定され始めている。DeNA伊藤光もその1人だが、定着す…
    阪神北條4戦ぶり先発でサヨナラお膳立て「良かった」

    阪神北條4戦ぶり先発でサヨナラお膳立て「良かった」


    4試合ぶりにスタメンに復帰した阪神北條史也内野手が、糸原のサヨナラ打をお膳立てした。...

    4試合ぶりにスタメンに復帰した阪神北條史也内野手が、糸原のサヨナラ打をお膳立てした。 9回1死一、二塁からマクガフの2球目を捉え、左前安打を放ち満塁とした。「良いところに飛んでくれて、結果ヒットになって良かった。糸さんにつないだら何とか…
    日本ハム清宮幸太郎が1軍復帰決定 DH出場が濃厚

    日本ハム清宮幸太郎が1軍復帰決定 DH出場が濃厚


    ...

    右手有鉤(ゆうこう)骨骨折で出遅れた日本ハム清宮幸太郎内野手(19)が、24日西武戦(メットライフドーム)で1軍復帰することが決まった。23日の楽天戦後に、吉村GMが「清宮は明日、登録します」と明言した。 この日の清宮は、イースタン・リ…
    楽天渡辺佳が初安打、祖父に報告も「1本出ただけ」

    楽天渡辺佳が初安打、祖父に報告も「1本出ただけ」


    横浜高前監督の渡辺元智氏を祖父に持つ楽天のドラフト6位渡辺佳明内野手(22)が出場2試合目でプロ初安打を放った。...

    横浜高前監督の渡辺元智氏を祖父に持つ楽天のドラフト6位渡辺佳明内野手(22)が出場2試合目でプロ初安打を放った。 21日に代走&守備で初出場。この日は平石監督が「根拠はないですど、佳明が(日本ハム先発の)杉浦と勝負できると思った。今日は…
    巨人沢村0封「雑草魂」継承、帽子の裏には「19」

    巨人沢村0封「雑草魂」継承、帽子の裏には「19」


    巨人沢村拓一投手が「雑草魂」を継承し、ピンチを乗り切った。8回、内野安打と四球で1死二、三塁とされたが、後続を断った。...

    巨人沢村拓一投手が「雑草魂」を継承し、ピンチを乗り切った。8回、内野安打と四球で1死二、三塁とされたが、後続を断った。 公私ともに世話になった上原氏と試合前に言葉を交わし、帽子のつばの裏に背番号「19」を書き込み、マウンドに上がった。「…
    矢野監督、攻めの継投策でサヨナラ勝利呼び込む

    矢野監督、攻めの継投策でサヨナラ勝利呼び込む


    矢野監督が攻めの継投で3試合連続となる1点差ゲームを制した。...

    矢野監督が攻めの継投で3試合連続となる1点差ゲームを制した。 0-0と両者無得点の6回、先頭高橋遥に替えて糸原を打席に立たせると、7回から藤川を投入。8回ジョンソン、9回ドリスと3連投となった2人も注ぎ込んで9個のゼロを並べた。1点差で…